30代になって真面目に婚活しようとする男の後悔と希望

最近の結婚適齢期は、男性なら30歳・女性なら28歳くらいと言われています。
いずれは結婚しようと思いつつ婚活をしてこなかったことで、結婚適齢期の30歳を超えても未婚のままです。
一生結婚するつもりがないということは微塵も思っていなくて、すぐにでも結婚したいと思っています。
30歳を過ぎた今となっては、20代で結婚しなかったことを後悔するばかりです。
周囲の友人から「モテるでしょ?」と言われることに慢心して、真面目な交際をしてきませんでした。
20代のうちに真剣に婚活を始めていれば、今頃子供が2人ぐらいてもおかしくないからです。
結婚することが人生の全てとは思いませんが、結婚しないで人生を1人で過ごしていくのは寂しいし悲しいです。
孤独な老後などを考えると、不安で仕方がありません。
もちろん独身であることは既婚者よりも自由があり、金銭的にも自分で使えるお金が多いので楽しく過ごせます。
趣味に時間やお金をかけたり、友達と遊びに行ったり、時間もお金も自由に使えるからです。
どっちの生き方が正しいということはないけど、年相応のことを考えるといつまでも気楽に一人暮らしをしているのはちょっと違うなとも感じています。
30代で未婚の男女が結婚できる確率というのは、聞いて驚くほどの低い数字です。
それでも確率がゼロというわけではないし、適齢期が遅くなっていると言うことはそれだけアラサー以降で結婚する人が増えてるということです。
迷ったり悩んだりしている間に時間はどんどん過ぎていくので、30歳オーバーの我々からすればすぐにでも行動しなければいけません。
面倒くさいとか恥ずかしいとか言ってないで、積極的に婚活をして結婚相手を見つけたいと思います。
昔から相手を見る目がないと言われる私なので、どんな人と結婚したいか譲れない条件を決めて将来のパートナーを探します。

今はネット婚活や SNS 婚活など20時間いつでもスマホで相手探しができるので、すぐにでも手続きを進めて入会して婚活をスタートさせます。